新築アパートに投資するメリットを知っておこう

メンズ

一棟買いか一室買いか

賃貸物件

両者の違いを考慮して選ぶ

不動産投資の方法としてマンションを物件として選ぶことはよくありますが、さらに細分化して見ると一棟買いと一室買いの二通りから選択することになります。マンション経営を行って資産を築いていきたいというときにはこの二つの違いを理解して選ぶことが重要です。一棟買いの場合には多額の費用をかけて物件を購入することになりますが、それに比べると初期費用が小さくて済むのは一室買いのメリットです。ローンを組む場合にも長期になって大きな返済を毎月行う必要が生じるのが一棟買いですが、一室ならその負担は軽減されるでしょう。収入の高さという点では通常は一棟買いの方が優れています。部屋の数が多い分だけ収入が高くなりやすいからです。支出面について考えてみると維持や管理に費用がかかるのが一棟の場合であり、大規模修繕が必要になったときには数百万円という単位でお金が必要になるでしょう。マンション経営を行う上ではマンションの維持や管理は必須のものであり、修繕を見越した計画性が必要になるのが一棟のマンション経営です。しかし、一棟全てが自分の所有物になるため、空室対策の方法が多様になるのはメリットになります。費用はかかっても選択肢を増やせるのは空室ができてしまったときに有用な点になるでしょう。マンション経営のリスクという点で空室は大きなものであり、部屋の数が多い分だけリスク分散が行えるのも一棟の魅力的な点です。一室買いとの比較をする上ではこのような点の考慮が重要になります。